2008年8月アーカイブ

数独にはまってます。


sudoku01.jpg


















難易度★★★★はめちゃくちゃ手ごたえありで、たまりません。

集中しないと解けないので、いやでも雑念がぶっとぶところもまた魅力。

途中まではすいすいと答えが出るけれども、一度壁にあたるとなかなか数字が埋まらない。

一気に数字を埋めようとあせるとだめで、ひとつまたひとつと埋めるべき数字を探りあてていき、それでも行き詰まったら、翌日に持ち越します。

気になるときはご飯を食べながらでも数字面をじっとにらんで考えたりします。

そこでひらめいたら即数字書き込み!

もうこれ以上はわからんと思っても、見方を変えたら案外見落としがあったりして、そこからまたぽちぽちと数字を埋めていく。

そんな悠長なやりとりが大変に楽しい。

数独は人生に似ている。と思います。


nanpure01.jpg























ねぎしょうゆ味

| | コメント(0)
先日食べたカルビーの期間限定ポテトチップス『ねぎしょうゆ味』。


negishouyu01.jpg






















なんか微妙な味わいでした。
決してまずくはないんですが、うまい! わけでもないという。

ただこのシリーズ、開発者の抑圧されていたマニアックな部分をひしひしと感じます。

今後も見守っていきたい存在。

韓国のり味』はおいしかったです。



ビードル

| | コメント(0)
けむしポケモンのビードルは、


bidol01.jpg


















横から見ても、


bidol02.jpg



















後ろから見てもすばらしい。


bidol03.jpg



















よくできているなーと思います。

ポケモンといえば、今年2008年秋に新作『プラチナ』が発売だそうですね。

今さらですがその画面見てぶっとびました、あまりの臨場感に。

DSもってないけどこの機会に買ってもいい。

かも。



掛川花鳥園

| | コメント(0)
先日、静岡県にある『掛川花鳥園』に出かけてきました。

「さまざまな鳥と遊べるふれあい型のテーマパーク」

とうたっているだけあって、オウムにふくろう、くじゃくにフラミンゴ、エミュー(!)等々、園内はどこも鳥だらけ鳥まみれ。

まず素朴さいっぱいの入り口をぬけると、ペンギン(!)その他の水鳥たちがわんさかいる池がお出迎えしてくれます。


kachouen01.jpg


















彼らとの間にどれくらい距離があるのかというと、


kachouen02.jpg


















とても近い!


kachouen03.jpg


















以降、園内ではエサ(1カップ100円)をあげる子供と大人、続出でした。

ちなみにこんな催しあり。


kachouen04.jpg





















けっこう盛況でした。

ペンギンをだっこして写真を撮る催しもあり、限定10名はすぐに埋まるようです。


kachouen05.jpg



















このふくろうゾーンから先の扉をあけた先が、めくるめく花鳥園ワールド

美しい睡蓮が咲き誇る巨大池、その上を鮮やかに飛翔する小鳥たち。とかね。

が。

おゆるしください。

かんじんの画像はうかつにも消去してしまい、一枚も残っていないのです(号泣)。

ううう?、今度からSDカード16MBはやめます(号泣)。

それはともかく、鳥と人をわける金網などはないので、人が歩いているわきを鳥が普通に歩いてます。

もちろん、さわろうと思えばさわれてしまいます。
あまりさわらせてくれませんが。ね。

先月生まれたというふくろうのひなたちも公開されていて、これがまた見るからに、ほかほかふんわりしててかんわいいのですが、


kachouen06.jpg

















さすがにこの子たちは、


kachouen07.jpg


















でした。


掛川花鳥園 静岡県掛川市南西郷1517

      0537-62-6363
      
      9時?17時

      年中無休

      大人 1,050円



地獄のドバイ

| | コメント(0)
先日、峯山政宏『地獄のドバイ』を読みました。


dobai01.jpg



















彩図社発行。

2008年初版。

寿司職人の資格を手に、一攫千金を夢見た若者が向かったのはアラブ首長国連邦ドバイ。

しかし彼を雇ってくれる店は見つからず、滞在費だけがかさんでいく状況のもと、彼に手をさしのべたのは、遠い知り合いのアラブ人だった。

やがて彼は、そのアラブ人が経営してまもない肥料会社で働くことになるのだが、ある日唐突に会社は閉鎖されてしまう。

この国では新しい会社がすぐにつぶれるのは日常なのだが、失業者となった外国人労働者を待っているのは「不法滞在で拘置所送り」。

最悪の事態を回避すべく懸命に行動する彼だが、非情にも出国の当日、拘置所の扉は開かれた。

果たしてこの地獄から脱出できるのか……?


著者はアブダビ中央拘置所初の日本人囚人になるそうです。

表紙からしてへなちょこな本書はしかし、めちゃくちゃおもしろいです!

NHKのドキュメンタリーでは描写しきれないドバイの現実を知るには格好の存在。
文章もかんたんで読みやすい。
でも読みながら、ふと考えてしまう。

経済発展って何? と。

本書の中にはこれでもか! というほど石油成金の成金ぶりがつめこまれていますが、読むと、バブルの頃の日本はもとより、現在の中国すらもかわいく思えてしまうほど。

首都アブダビにルーブル美術館(という辺りがいかにもな)の分館を建てる計画があるそうですが、

「ルーブル」の名称使用料としておよそ600億円(30年間使用可)

 本館所蔵品貸出料及び顧問料としておよそ800億円

の条件を了承とか。

これはまあ、ルーブル側のしたたかさも大いに感じられる額ですが。ね。

この勢いだと国際映画祭の開催も近いかもしれません。

1979年生まれの著者は、大学生の頃から就職は海外でと決めていたそうです。
自分がドバイに求めたものは「希望」だったと。

そこで引用されていたのが、村上龍『希望の国のエクソダス』内の台詞。

「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希望だけがない」

さすが村上龍、煽りますね。

で、海外進出のとっかかりとして目をつけたのが寿司職人というわけで、『東京 寿司アカデミー』に入学します。

なんとこの専門学校、3週間で江戸前の技を習得できるコースがあるのです。

もう何がすごいってこの学校を興した人ですかね。
よしあしはともかく、ビジネスとして立派に成立しているってことなので。

世の中には何とめざとい人がいるのだろう……。

おっと、話がそれました。

はたから見ると、何年も厳しい修行を積まなくてはならない道のりをすっとばして、付け焼き刃で単身ドバイに乗り込んで寿司で一攫千金アホかいな、ではあるんですが、そういう腰の軽さがなければ本書は生まれませんでした。

無意味な体験など存在しない。

を実証する一冊でした。



まず店頭でお目にかかることがなかった幻のパン、ペリカンの中丸パンを予約して買いました。

360円也。

店員さんによれば生地はロールパンと同じものとのことですが、さすがこの形、二つに切って、からしマヨネーズをぬって、ハム野菜をはさんだら、小ロールや中ロールでつくるそれよりも、はるかにおいしいサンドイッチができあがるのです!

超おすすめです!


ppanmaru01.jpg



















わかりづらいですが、よーく見ると、それぞれ大きさがちがう(笑)。

小ロールも巻きの甘いのとちゃんとしたのとあるし、こういうところがペリカンはほほえましいと思います。

その昔はケーキも作っていた(!!)というペリカン。

ごく普通のデコレーションケーキもあったらしいです。

どんな味だったんでしょう。ね。


 パンのペリカン 東京都台東区寿4ー7ー4
        
         03ー3841ー4686

         8:00ー18:00
        (まず閉店前に売り切れてます確実にほしいパンは予約しましょう)
  
         日曜祭日お休み
        
         うれしい通販あり 
        
        

地震雲

| | コメント(0)
最近よく地震雲が出ているとか聞きますが……。

これもそうなんでしょーか。ね。


jisingumo01.jpg


















「天災は忘れた頃にやってくる」とはいえ、今大地震がくると困るなあ。



雷鳴が聞こえるものの、雨が降る気配はなし。


sora0804.jpg


















湿度だけが上がっていく夕方。

熱帯夜なのか今夜もまた。


sora0804-2.jpg


















(-_-;



ふう。

8月ですね。

どうでもいいのですが、BS2の『とことんルパン三世』。

みましたか?

わたしは連続四日間のうち、三日みてしまいましたよ、はは。

思えば小学校六年生あたり。
セカンドシリーズがリアルタイム放映されていた頃。
わたしのお気に入りは断然『キャプテンハーロック』でした。

同じクラスにめちゃくちゃルパン好きな女の子がいて、彼女とよく「ルパンとハーロックではどっちがすごいか?」なんて、どうでもいいことをはりあったりとか、してました。

思い出さなくてもいいものの一つですが(涙)。

でも今どっちをとるかっていったらルパンです。かねえ。

あの勢いとかっこよさ。
重いものを背負っているのにあえて軽くあしらっていくあの強さ。

今回ファースト、セカンド、サード(は一話だけだけど)とシリーズをみて感じたのは、キャラクターの容量の大きさでした。

どんなテーマでも、あのキャラクターたちで消化してしまうすごさ。

30分より短い時間の中で、よくもまあ、あんなにかっこいいことがやれたものです。

以前に鈴木清順の映画『野獣の青春』をみたとき、初期ルパンに通じるかっこよさを感じましたが、まさかご本人がセカンドシリーズの途中から監修やってたとはね、あと劇場用映画の監督も。

そのつながりで、押井守版の企画があったこともわかってまたびっくり。
物語は何か今ひとつ(失礼)でしたが。

今は『WIKI』に何でも出ているので便利です。
インターネット、ありがとう。

ってそういう話じゃなかったですね。

『とことんルパン三世』のもう一つの目玉は、ファンを自認する各界著名人による熱い「語り」でした。

その中でもぶっちぎりで強烈だったのは声優の横山智佐氏の「初婚はルパンで」発言。

この直球ぶり、乙女だわ。

無敵です。



紅茶のタルト

| | コメント(0)
今日のおやつは紅茶のタルトです。


ktart01.jpg



















キモはなんといっても、紅茶味のクリーム。

なめらかでうっとりするほど甘い。

ほのかな香りもぐーです。


洋菓子レモンパイ 東京都台東区寿2-4-6
        
         03-3845-0581

         12:00ー18:30
  
         日曜月曜休み