ヘルタースケルター

| | コメント(0)
岡崎京子『ヘルタースケルター』。


herutasukeruta01.jpg






















2003年4月初版。

祥伝社発行。


りりこは人気絶頂モデル。
しかしその完璧な肉体は、全身整形手術の結果。
少しでも油断するとほころびが現れてしまうのだった。
周囲のお膳立てとは裏腹に、芸能界引退を考えるりりこ。
そのためには自分の一生を保証してくれる王子様が必要。
彼女は、資産家の長男である恋人との結婚を画策するのだが……。


帯裏、

「いつも一人の女の子のことを書こうと思っている。
 いつも。
 たった一人の。
 一人ぼっちの。
 一人の女の子の落ちかたというものを」

との著者の言葉そのものの物語。

女性ならばさけて通れない、「若さ」「美しさ」を残酷かつ冷静に描いています。

読んでて思い出したのが、叶姉妹です。

整形サイボーグと揶揄されても「わたくしはわたくし」を貫く彼女たちなら、本作のりりこをどう捉えるでしょうか。



コメントする

このブログ記事について

このページは、MOMOが2009年8月31日 21:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「待合室にて」です。

次のブログ記事は「今日の女装」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

RSS

はてなRSSへ追加

My Yahooへ追加

Livedoorへ追加

gooへ追加

Google Readerへ追加

 

ブックマークに追加する
Powered by Movable Type 4.01