2011年7月アーカイブ


20110731-day01.jpg























住吉祭

| | コメント(0)
住吉祭に行ってきました。

このお祭りも大阪の夏を代表する有名なもの。

住吉大社は徒歩圏内なので、行きも帰りも楽々なんですが、


sumiyosimaturi01.jpg





















境内にある屋台のにぎわいが、そりゃもうすごかった。


sumiyosimaturi02.jpg





















中でも目についたのが、子ら。

中高生たちのハレの日でもあったわけ。

その影響か、


sumiyosimaturi-02-01.jpg





















恋みくじが盛況でした。

さらに奥へと進んでいくと、しだいに人が少なくなってきて、


sumiyosimaturi03.jpg





















sumiyosimaturi04.jpg





















厳かな儀式が執り行われていました。

この御神輿の出番は二日後でしょうか。

さて。

ここまできたら、あの神さまにもお参りしたい。


sumiyosimaturi05.jpg





















初辰さんです。

中はエアコンがきいていてとても涼しい上、売店も開いているというぬかりなさ。

さすがは商いの神さまです。


sumiyosimaturi06.jpg





















思えば、前にきたのは1月の冬まっさかりなとき。

今はスイカがお供えしてありますね。

わたしの大阪暮らしもぼちぼちと日を重ねているのだなあ。と。


おまけ


sumiyosimaturi07.jpg





















あったんですよ、こんなすごいものが境内に。

意外に子らに大人気。

大阪の子供はすなおに育ちそうです。



天神祭

| | コメント(0)
大阪の夏の風物詩、天神祭に行ってきました。


2011tenjinmaturi01.jpg





















しかし。


2011tenjinmaturi02.jpg





















かすっただけ。

この人垣の向こうで、何やら獅子舞など舞っていたようなのですが、何しろ大阪天満宮の境内はフラットなので、強引に人をかきわけて前進しないと、見られない。

それはいいか〜。

ということで、ぷらぷらしてきた境内の様子です。


2011tenjinmaturi03.jpg





















2011tenjinmaturi04.jpg






















2011tenjinmaturi05.jpg






















2011tenjinmaturi06.jpg






















お祭りといえば、このような正統的な浴衣とはまったく次元の異なるギャル浴衣というか、テコ入れしたスタイルの女の子も定着しつつありますね。

あれも進化なんだろうなあ。

アパレル的には。


2011tenjinmaturi07.jpg





















2011tenjinmaturi08.jpg






















「しらむし」。

うなぎ料理の一種かと思ったら、蒸したもちごめにぽちっと梅干しを加えて竹の皮で包んだものとのこと。

このお祭りならではの名物、食べてみたかったなあ。


2011tenjinmaturi09.jpg





















2011tenjinmaturi10.jpg






















以上。

実際は、この翌日の船渡御で川に花火ががんがん上がるのがハイライトらしい。



日常のひとコマ

| | コメント(0)
先月の終わりに見かけてから、数日後のことでした。


watanabehumiki-p01.jpg





















おや。

今度はまた別な作品のポスターがっ。


watanabehumiki-p02.jpg





















上映日がとっくに終った現在も、このポスターは残って、制作者の精力的な活動の痕跡を伝えています。

精力。

それは、わたしにいちばん欠けているもの。



大阪には個人営業の喫茶店がとても多いです。

先日、そんな喫茶店で食べたフレンチトースト、480円。


palu-01.jpg





















普通、フレンチトーストったら、メープルシロップたっぷりって思うでしょ?

ところが。

ここんちのときたらシロップなし。

おまけにナイフ&フォークもなし。

出てきたとき、一瞬、シナモントースト(430円)とまちがえてんじゃないかと思ったほどでした。

しかし。

食べてみると、意外にいける。

ほんわりと甘さがパン全体にしみてるというか、行き渡っているというか、実に上品な味わいなのです。

手が油まみれになることもなかったし(おしぼりもありますよ)。

さすが、純喫茶。

プロの仕事を感じました。

いっしょにうつっているコーヒーは、ストロング、マイルド、アメリカンのどれか、350円。

もちろんブルーマウンテンにキリマンジャロ他、ありますよう。

なぜか、おつまみ付きなのが楽しい。


j-kissa-palu02.jpg





















 純喫茶パール 06ー6661ー5013

      大阪市西成区梅南1ー2ー11

   6時50分(にはもう営業スタンバイ)ー17時(にきっぱりと上がり)



宏亜楼の海南鶏飯

| | コメント(0)

koarou-lunch01.jpg





















シンガポール料理『宏亜楼』の海南鶏飯ランチ 1080円です。

ちょっとお高いけど、ぜったい後悔しない味ですよ。

メインの鶏肉はもちろん、スープもご飯(ジャスミン米かな)もその他もみんなおいしい。

おとなりのテーブルでは、ツイッターで実況しながら食べてる男性がいらっしゃいました。

神保町のマカンのもおいしかったけど、大阪にきたらこちらもね。

食の都で名を馳せてる大阪も、実は地域ごとに特色があります。

スタイリッシュ&トレンディな梅田辺りだとまた事情がちがうのかもしれませんが、庶民の街、難波界隈には案外、エスニック系の料理店が少ない。

たこ焼き&お好み焼き屋ならそりゃもうわんさかあるんですが。

余談ですが、こちらのお好み焼きは自分で焼きません。

お店の人が焼いたものを食べるのです。

各テーブルに設置された鉄板は保温用。

と、知ったときは倒れそうになったものですよ。

文化は辺境に残るならば、東京のお好み焼きはいつまでも辺境のままでいてほしい(力説)。

おっと、話がそれました。

そういうわけで、ここは貴重なお店なのです。


 シンガポール料理 宏亜楼 06ー6643ー5788 

  大阪市中央区難波3ー7ー3

  昼 11時ー14時半(金土日のみ営業)

  夜 17時ー23時

  月曜お休み



難波の虹

| | コメント(0)

20110712-niji01.jpg





















地上のネオンが今ひとつ美しくありませんが、先日難波で見た虹です。

日々の不満がたまってる人もそうでない人も、虹が出れば見とれてしまう。

幸せの一瞬。


20110712-niji02.jpg























今日のガリガリ君

| | コメント(0)

garigarikun-pokemon01.jpg





















そうきたか、の夢のコラボ。

でも売れてるのは、いつものソーダ味の方みたいね。



今日の冷麺

| | コメント(0)

osaka-remen01.jpg





















「冷麺」は、「冷やし中華」を指すという。

大阪は異国なり。



悩みのるつぼ

| | コメント(0)
毎週土曜日の、朝日新聞のお楽しみ『悩みのるつぼ』。

最も楽しいのが、岡田斗司夫氏の回です。


nayaminorutubo01.jpg





















一見どうでもいい悩みに見えるけど、岡田氏の回答を読むと、実は誰もが普段は忘れているけど心の奥深くでくすぶらせている何かにつながっていくような、視点の提示に毎回、はっとさせられます。

同時に、痛くなったりするんですが、心があちこちね。

人生相談、あなどれません。

ご本人のサイトで読めるので、未体験の方はこの機会にぜひ。